【派遣シングルマザー】現実味ない
本日は派遣社員として新しい職場へ初出社してきました。

昨日板金の会社を退職して、今日新しい職場。


とてつもない非リアリティを感じました。自分が自分をコントロールしているのではないような。
斜め上空中あたりから自分自身を見ているような。

幸いにして、同時入社の方がいらっしゃり、職場も受け入れ準備をしっかりしてくれていますし、担当バイヤーの方も理性的な印象でひとまずは安心しました。
が、昨日まで仕事していた気分屋の同僚のようなパターンもありますので、油断せず慎重に関係を築いていきたいです。


まずは職場と仕事の流れに慣れたいですね(*´-`)
[2017/02/01 23:15] | しごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ワンクール正社員
こんばんは。いずみです。

本日1/31は精密板金加工業の正社員として最後の出社日でした。

念願の正社員として雇用していただいた企業でしたが、堪え性のない私の勝手で試用期間で退職とさせていただきました。


なんと、ワンクール。
派遣の契約期間か。( ;´Д`)



気になる次の職場ですが、ありがたいことに近所で派遣が見つかり、明日2/1から無職の期間無く働くことができます。゚(゚´ω`゚)゚。


と、いうわけで明日からは派遣シングルマザーに戻ってお時給稼ぎたいと思います。
そして、人間関係がこじれないように留意して3年は働けるように頑張りますo(^-^)o
[2017/01/31 21:17] | しごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
辞めるって言ってやったぜ!
こんばんは。激動の渦中におりますいずみです。


本日お昼休憩時に副社長に「試用期間で辞める気持ちです。」と(バシッとかっこよくではないが)言って来ました。

副社長からはもう一度違った目線から考え直してみて、と言われました。
副社長の仕事観は共感できる素晴らしいものだっただけに、申し訳なく思いました。しかしながら、退職率が高い会社の経営陣であることを思うと、もう少し社員への待遇改善と受注方針について本腰を入れて改善していくべきではないかと思います。


今日聞いた話では、仕上げ部門の方が20日付で退職されるとのことでした。20日締めなのですが、20日って明日じゃんって課の人たちは驚いていました。

それを「私は末付で辞めますよ」と心で思っておりました( ̄▽ ̄)



今週に入って、次の仕事を探す活動をしてまして、近所のメーカーのCAD派遣について問い合わせしました。


派遣会社から派遣先へ話が通り、23日に「面談」をしていただけるスケジュールになりました。出たよ面談。面接って言えないんだよね。

しかし、私の希望のCADの部門ではレベル的にちょっと厳しいとのことで、購買部門のアシスタントとしての面談になるそうです。

このさい即働けるところなら構わないのですが、またも、派遣の広告では未経験可!スクールで勉強レベルでもご相談ください!と明記してあるのに、「即戦力を求められたので・・・」とかいう理由でCADの仕事に就けない。

これも客寄せ求人ですか?

このような現実は何度かエンカウントしたのでそういうもんだと割り切りますが、・・・胸糞悪い業界ですね( *`ω´)


ともかくまあ、派遣の職にすぐ就けることを願うばかりです。
[2017/01/19 20:27] | しごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
【本厄】まさか、まさかの展開 そして決断
こんばんは。有職シングルマザーのいずみです。
2017年は酉年ですねー。1981年生まれの私は年女!今年は私の年だ!と思っていたのですが、なんと今年は本厄の年でもあるんですって〜!
厄年こないだ終わったじゃんって思ってましたが、女性は30代に2回厄年が当たってるんですね( ゚д゚)


そんな本厄のせいなのかどうかわかりませんが、11月に転職したばかりの板金加工業の職場で、上手くいっておりません。。。


職が決まったことの報告はこのブログでしましたが、その後職場の話をほとんど書いてきませんでした。
と、いうのも、入社2週間くらい経った頃から同じ課の男性の言動に「ん!?」と思うことが多くなってきましてね・・・。
要は、その男性と上手くやれなくて非常に苦しい思いをしています。


仕事自体は図面を板金CADにトレースしてレーザーや曲げの加工機で作動できるような状態にするもので、加工のあれこれを目の当たりにしつつ興味深く取り組んでこられたと思います。

私の課はリーダーのWさん、上手く付き合えないNさん、一年半ほど先輩のMさんの3人と私で仕事をしています。

Nさんは仕事に対する取り組み方は立派と思える姿勢で、よく勉強してこられたようで、業務上頼りになるとの評判です。
一方で気分屋でもあって、初め人当たりよく感じたのが、突然素っ気なくなったり、雑談のつもりで話しても思わぬ反撃をうけるなど、「困惑」することがあります。

困るのが、私の教育を一年半先輩のMさんに任せたくせに、Mさんが仕事に忙殺されて私を放置している時など、Mさんの不備を私に対して責めたり、教育進捗など連携を取らず私を振り回したことでした。


次第に何を言われるかビクビクするようになり、この件はMさん、この件はNさん、と「両隣の席にいるのに」、様子を伺いながら恐る恐る相談確認するようになりました。



年明けからは、私の図面不良が気になるからと、突然、作図した図面の確認を全てNさんに見せるように言われ(それまでは不安な図面だけリーダーに確認してもらっていた)、長〜〜いダメ出しを突き放した言い方でされるようになりました。(板金経験者で来てるならまだしも、初心者に向かってそんな言い方するか?と思います)



私、辞めます。



・・・念願の正社員でした。


でも、もう辞めます。



一月末で試用期間が終わりますが、試用期間で会社を辞める決断をしました。



冷静に考えましたが、正社員に過剰な期待をしていたようです。
Nさんのことを差し引いても、


・賞与は1ヶ月分未満 /半期
・土曜出勤
・とてつもない受注量と予測不能な仕事時間
・アホみたいな短納期


といった点で「定年まで続けたい」という正社員ならではの希望は叶わんだろうなと、1ヶ月ほど勤めた頃から感じていました。


半年やら一年やらで限界を感じて辞めるならもう試用期間でやめたろ!という結論に至りました。



明日、雇用担当の副社長に報告します。




また、無職になるのか?
今回はもう派遣ですぐに働けるところにします。


仕事に恵まれないな。。。

[2017/01/18 21:35] | しごと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
【板金CADオペ】図面処理速度向上委員会
こんばんは。有職シングルマザーのいずみです。
新しい仕事でやっと土曜休みがきました。

新しい職場は、板金加工業というブルーカラーの会社なので、3Kでもないですが、ちょっとハードな環境を想像していました。
実際入社して働いてみると、私の配属先の「技術課」の方々はじめ、レーザー加工担当や曲げ担当、仕上げ担当の方々は優しくソフトな方が多く、とてもホッとしております。

日々の仕事では得意先から送られてくる紙図面を確認して、既存図面か新規の図面かを振り分ける「検索」と呼ばれている作業を任されています。図面も様々、イメージのつく板状のものから複雑で意味不明な組み立て図など多岐にわたるため、まずは図面の見方や三角法に慣れることを目標とされています。

平行して、板金CADに慣れるように、ソフトを触ったり金属板の性質や曲げ方なども勉強中です!

ここの会社は、規模は大きくないですが、取引先が多く、数も恐ろしく多いため、残業ありきで仕事をこなしているようです。
CADに慣れてきたら、新規図面を登録する作業を始める予定ですが、そうなってくると、残業、どうなるんだろう。。。と不安です。
まずは正確な図面を描く(描くというよりトレースする状態ですね)ことが重要ですが、スピードも要求されてくるでしょう。


そんなこともあって、板金CADにまだ慣れていないことを逆手にとり、自腹でトラックボールマウスを購入しました!
トラックボールマウスはマウス自体を動かさず、指でボールを転がしてポインタを移動させるものです。(私のは親指タイプ)
トラックボールでのCAD操作にこれから慣れてしまって、スムーズにCADが使えるようにしようと。

もう一つの理由は、備え付けのマウスの感度が悪かったことですプンヾ(`・3・´)ノプン

同僚の人はワイヤレスマウスを使っていたので、余っているやつないですか?ときいたら、「これ自前なんで」と言われたため、う~ん、安いワイヤレス買うかな~と思ったのですが、どうせ買うなら高性能と呼び声高いトラックボールタイプを試したろ、と。

これで処理スピードあがればいうことなしですが、まだ慣れませんね・・・。

何事も慣れです!2週間経ち、当初の緊張はなくなり自然に過ごせるようになってきました。
まずはひと月、つつがなく過ごしたいと思っていますが、できるだけ早く「うちの会社」と言えるように自分の居場所を作っていきたいです!

ひとり親、毎日必死に生きています。暖かい応援で今日も一日がんばれます!


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます

PVアクセスランキング にほんブログ村








[2016/11/12 20:35] | しごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>