息子の運動会
今日は息子のたいちゃんの運動会でした。
たいちゃんは3年生です。今年からはリレーがはじまり、徒競走とともに足の速い子の株が急上昇するお年頃です。
息子は残念ながらあまり運動神経がよくなく、走るのも早くはないですが、一生懸命腕を振って頑張って走っていました。

通っていた保育園が縦割り保育だったため、上下2学年くらいは面識のある子がおり、年長さんのころをしっている子がもう5年生という、時空を超えた驚きを感じる行事です。

うちの子の小学校では、4年:ソーラン節、5年:旗体操、6年:組体操という伝統のイベントがあります。
このあたりの年の子はもう動きにもキレがあり、ピシっとした手足の決めポーズがとてもかっこよく、全然他人でも感動してしまいます。

一年生の運動会では、“団体の中に埋もれるわが子”ショックがあるのです。保育園の“一人一人が主役”の感動を引きずった保護者にとってはなかなかショックです…。しかし、団体行動をできるようになり、団体を引っ張っていく姿をみられるようになると、なんと頼もしいことでしょう。応援合戦がありましたが、6年生が他学年の前に出て「フレー、フレー、あ、か、ぐ、み!!」と応援する姿はジーンと感動しました。うちの子も3年後には応援団長?をするかはわかりませんが、最高学年として立派な姿をみせてくれるのでしょうか。


ところでですが、私が離婚したのは子供が小学校に入学する2ヶ月前の保育園児のころでした。そのため、小学校の運動会は今年で3年目ですが、ずっとひとり親で出席しています。これがなかなか居心地わるいんですよね。。。

地元じゃないのでじいちゃんばあちゃんもおらず、本当に一人で見ていましたが、さみしいような肩身が狭いような。一年目はあちこちフラフラしましたが、座れず疲れたので、去年はバーベキュー椅子にずっと座って周りの視線を感じないようにして集中してみました。この2年間のつらさをかんがみて、今年はママ友さんに「一緒に見てもいい??」と打診して隣に陣取らせてもらいました!

ちょっとしたことで会話ができて気持ちも楽でした。離婚家庭はこんな気持ちを味わうこともあるんですね。離婚しないとわからなかったことの一つです。
関連記事
[2016/09/24 20:26] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<恋心なのかどうか | ホーム | 【無職シングルマザー】求職活動中間まとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shinmamasyakaigaku.jp/tb.php/44-ef730800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |